経過 1

PB161103.jpg

PB161102.jpg

PB161099.jpg
病院に予約の電話した。
とてもやさしい声だった。

ただの虫干し

PB111087.jpg
押入れに入れておいた自分のバッグに黴が。
慌ててブライスのケースを出す。
無事だった。
いつも空っぽで押入れ入れっぱなし。

PB111088.jpg
このハンバーガーの新聞は大事にとっている。
ポンチョはアシュトンの。

PB111089.jpg
エックスのアートオブライフ聴きつつ。
29分もあるから聞き流すのにいいんだ。

PB111090.jpg

PB111092.jpg
このバッグは・・・黒髪が入って来たんだけどね。
なんか黒髪ショボーン。

ブロンド、人の場所を我が物顔で乗っ取る猫みたいだな。
(猫のそういうところ好き)

☆☆☆

PB101082.jpg

PB101083.jpg

PB101084.jpg
一時期こういうケース集めていた。
埃まみれだ!

没かダブりか(写真が)

P3010026.jpg
懐かしい写真です。
ミシャとマム。
ブライスはこの二人しかいなかった頃。

最初はリカちゃん、次がキャスト。
ブライスよりLDDの方が先だったような。
違うかも。

P1300677.jpg
7割くらい仕事辞めようと思っている。
来週が山かな。

来た人から「ここは楽しそうね、みんな明るくて!仲良いでしょう?」だって。
建前:そうですね、ニコニコ。
内心:私は絶賛ハブられ中です。

『僕はわからないんだ教えてほしい
いったいなぜ僕だけがたった独りここにいるのか
誰かどうか誰か教えてほしい
それが何かの罰ならば僕はいつまでこうしているべきなのか』
『時よ
僕の血を流した傷が、やがては癒えるように
この暗闇が晴れる日が来るのだろうか
全てを過去にして今を楽しめる日が
いつかこの僕にも』

主人公は結局死んだんだっけ。
数年前、初めてレンタルで見た時はこんな内容流していいのかって思うくらい酷く苦しくなった。
詩の最後「大人になったら・・・」って希望を持った内容で終わるんだけど、
大人の世界も、大変ムゴイ。

P2250748.jpg
良かったことは
体重が落ちること。
面白いくらい。
でも同じくらいのスピードで肌が荒れるのね。

P2250751.jpg
去年猫が死んだころのだな。
一年で二匹天に召された、そのうちの一匹。
ブログ始める前。
極寒の日だった。
朝はまだ、口がたまにパクって開いたりしていたけど意識はどうだったのか。
休めない日だった。
今私を苛めている上司が休みの日だったから、代わりは私しかいなくて。
湯たんぽと布でグルグルにして家を出た。
帰ったらもうカチンコチンになっていた。
独りでごめんな。

P1180024.jpg
ドン引きかもしれないが今日は部屋に母の位牌を置いている。
金と黒でかっこいいよ。
幸せになってほしいってそりゃ一応思ったろうな。
ごめん。それが申し訳ない。

ただ辞めるのは悔しいなぁ。
診断書もらってお前のせいだって突き付けて辞めたい。
絶対また同じような人が出る。